『プライマリー・バランス亡国論』藤井聡・著

書評

 ■デフレ脱却へ積極財政必要

 安倍晋三首相が今年3月の参院予算委員会で「例えば、来年の予算を半額にすれば…日本経済は死んだような状況になる」と答弁した。この答弁について、「財政を絞りすぎれば深刻な事態となる。財政規律は緩すぎても厳しすぎてもいけない」と本書は解説している。

 民主党の菅直人政権(当時)が導入した「基礎的財政収支(プライマリー・バランス)の黒字化目標」という過剰な規律を早期に撤廃し、積極財政でデフレを終わらせることが日本のあらゆる問題の改善、解決に不可欠だと、財政再建への道筋を示す。実践的人文社会科学の立場からの提言だ。(1728円、育鵬社)

Read more