なぜ分別のある大人なのに耐えられない? キレる中高年が増加、「IT化」との関連も

提供:PRESIDENT Online
(図1)爆発的に増えたキレる中高年出所:警察庁「平成25年の犯罪情勢」より暴行の年齢別検挙人員(図2)前頭前野の活動低下で扁桃体が怒りを爆発※取材などをもとに編集部で作成

 分別があっていいはずの中高年にキレる人が増えている。その原因として何が考えられるのか? 急ピッチで研究が進められている脳科学分野から、怒りのメカニズムと、それを静める方策を解明する。

 あなたのアタマの中では何が起きているのか?

 まず、グラフ(図1)を見ていただきたい。警察庁の調べによると、2013年の暴行検挙者数は、なんと40~49歳が最も多いのだ。04年と13年を比べた伸び率も40~49歳は高い。帰宅途中の電車内で押されたとか、肩がぶつかったとかでほかの乗客と揉め事を起こしたり、電車の遅延に対して駅員に詰め寄ったり……。そんな中高年の醜態が目立つのは、決して気のせいではない。

 では、分別のあるはずのいい大人が、なぜキレてしまうのだろう。それを解くカギの一つが脳のメカニズムにあって、「怒りに密接に関わるのが、脳の中心部にある大脳辺縁系の中の扁桃体です」と精神科医の西多昌規氏は説明する(図2参照)。

 「扁桃体は恐怖や不安、緊張などに反応します。心理的には、自分の思うようにならないときに怒りが生まれます。渋滞にはまったりすると、だんだん機嫌が悪くなる。仕事でも対人関係でも同じで、その程度が大きくなると怒りにつながります」

 この扁桃体は、睡眠不足によっても過剰反応する。「寝不足だと扁桃体が活性化する一方で、扁桃体と神経で結ばれていて、その活動を抑制する前頭前野の機能が低下します。その結果、扁桃体が怒りに“ハイジャック”されるわけです」(西多氏)。

 さらに、睡眠不足は「HPA軸」も刺激する(図3参照)。HPAとは脳の視床下部と下垂体、内臓の副腎に含まれる副腎皮質の3つの英語の頭文字からとったもので、人は強いストレスを受けると、脳から副腎皮質に伝達され、コルチゾルというストレスホルモンが過剰に分泌され、それが脳に影響してダメージを与える。そして、突発的な暴言や暴力といった行動が表出してしまう。

 キレる背景にはストレス過多もあって、興味深いのが社会のIT化との関連だ。脳生理学者で医師の有田秀穂氏は「一日中、パソコンやスマートフォンと向き合って体を動かさず、頭はフル回転しているような状態だと、心の安定や安らぎに関与するセロトニンが低下し、強いストレス状態に陥ります」と指摘する。

 そのストレスに反応するのが、脳の一番奥深いところの脳幹にあるノルアドレナリン神経で、脳全体に指令を発し、脳が興奮状態になる。そして覚醒レベルが上がり、不安やパニックが襲いかかる。その状態をよく「闘争か逃走か」という。そして、にっちもさっちもいかない状況に追い込まれると、キレるのだ。

 それでなくても不得手なパソコンに一日中向き合ってストレスをためたうえ、オキシトシンの分泌も減っている。その結果、先ほどのように帰宅途中の電車内でトラブルを起こす中高年が増えているようだ。

 3タイプに分かれる不安遺伝子

 ストレスの発生源として、人の「DNA気質」に着目するのは、日本メンタル再生研究所所長の山本潤一氏だ。師事する筑波大学名誉教授の宗像恒次氏の研究に基づき、人には3つの「人格気質」があると説明する。

 「循環気質」(チンパンジー型行動特性)、「粘着気質」(ゴリラ型行動特性)、「自閉気質」(オランウータン型行動特性)がそれだ。

 チンパンジー型は社交的で話し好き。ゴリラ型は親分肌で面倒見がいいが、上下関係にこだわり秩序を重んじる。オランウータン型は一人でいることを好み、おとなしくて内向的。この3つの人格気質を理解せずに、自分の気質を押しつけると上手くいかない。お互いにイライラし、やがて怒り出す。山本氏は「期待できないことを期待することで怒りは生まれる」と解説する。

 「たとえば、チンパンジー気質の人が、オランウータン気質の人にワーワーいうと、オランウータン気質の人は不快になる。しかし、チンパンジー気質の人に黙れといってもムリ。一方、秩序のない様子を見てゴリラ気質の人も腹を立て始めるのです」

 この問題をさらに複雑にするのは、「不安遺伝子」の存在だ。山本氏によると、情緒安定物質と呼ばれるセロトニンを流通させる「セロトニントランスポーター(5‐HTT)」という遺伝子を誰もが持っている。それには長さの違う2種類があり、短いタイプ(S型)はセロトニンの流れが不活発になって不安になりやすく、長いタイプ(L型)は逆にセロトニンの流れが活発になって不安になりにくい。

 人は親から不安遺伝子を受け継ぎ、主に「SS型」「LL型」「SL型」に分かれる。SS型は非常に不安に陥りやすく、LL型はあまり不安に陥らない。SL型はその中間だが、不安に陥りやすいのは間違いなく、SS型と合わせて「S型」という。

 その不安遺伝子と先ほどの気質の組み合わせで、怒りの発現の仕方も変わる。「S型で循環気質の人が不安になると、やたらとしゃべりたくなります。自分を認めてもらうことで心を安定させようとするのですが、それができないと不満が噴出して、怒りにつながります」(山本氏)。

 組み合わせで怒りの発現の仕方も大きく変わる

 ちなみに、不安遺伝子の3タイプの割合は国や人種によって差がある。ある調査では、日本人はSS型が64%で、米国人は17%しかいない。一方でLL型は日本人4%なのに対し、米国人は31%。やはり、日本人はキレやすい民族なのかもしれない。

 そして「怒りの大本には自分がマネジメントできないジレンマがあります。そして、エネルギーを爆発させることで、その場をコントロールしようとするのです。実際に上手くいっているときに怒る人は少ないはずです」と説明するのは、早稲田大学研究戦略センター教授で、マネジメントを脳科学の立場から研究する枝川義邦氏だ。

 経済学の分野に「最後通牒ゲーム」というゲームがある。2人の前に10ドルを置き、「好きに分けてよい」という。ただし、1人に分配率を決める裁量権を与え、もう1人は提案を受け入れるか否かを決める。受け入れ拒否なら2人ともゼロになる。

 ある研究結果によると、相手と自分の割合が「5:5」のときは100%が受け入れ、「7:3」だと90%、「8:2」だと50%未満に下がる。2ドルでもゼロよりは得するのに、不合理な行動をとる背景には、分配率を決められないジレンマや、裁量権を持つ相手への嫉妬心があるようだ。

 興味深いのが脳の中での理性と感情のバランス。実はこのときの脳の動きを調べると、島皮質と背外側前頭前野が面白い動きを示していた。島皮質は怒りなど激しい負の感情のときに活動性が高まる。そして、状況判断など理性的なコントロールにかかわるのが背外側前頭前野だ。

 「提案を受け入れた人と拒否した人の背外側前頭前野の活動性はほぼ変わらず、合理的な判断が同じように働いています。一方、拒否した人は島皮質の活動性が高く、受け入れた人は低い。天秤に『感情』と『計算』があって、計算が勝ると合理的判断を下し、感情が勝つと拒否して『ちゃぶ台返し』をすると考えられます」(枝川氏)

 怒りを感じたら咀嚼運動がお勧め

 ここまで怒りの脳のメカニズムを見てきたが、ではキレないためにはどうすればよいのだろう。

 西多氏は「太陽の光は睡眠ホルモンのメラトニンの分泌を活発にするので、朝日を浴びることを推奨します」と話す。そして、ストレスを抑え、怒っていた状況を鎮めるオキシトシンを分泌させることも大事だと指摘するのが有田氏である。

 オキシトシンを増やす方法にグルーミングがある。サルの世界では毛づくろいだが、人間の場合は親子、夫婦、恋人同士などでスキンシップを図っているのがベストだ。マッサージやエステなども有効である。

 また、怒りを言語化するのも効果があり、枝川氏は「書くことで、自分自身を客観的に見られるようになります。感情を整理した言葉にして気持ちを落ち着かせると、かなり怒りをコントロールできます」という。

 一方、頭に血がのぼったときの即効薬として、「顎の咀嚼運動が効果的」とアドバイスするのが山本氏だ。

 「ストレスによって脳内で不安緊張物質のノルアドレナリンが活発に分泌されます。マウスの実験では、棒をグーッと噛ませるとノルアドレナリンが低下することがわかっている。人間も同じで、ハンカチをグーッと引っ張ると奥歯を噛みしめられます。ガムを噛むことで咀嚼運動するだけでも効果があります」

 不安を吐き出すのも有効だそうで、山本氏は「プライドが邪魔をして、自分が不安や恐怖を感じていることを吐露しにくい。独り言でも構わないので、トイレの個室でつぶやいたらどうでしょう」と話す。

 扁桃体はピリピリした空気にも反応する。1990年代以降、市場主義の下での競争が激しくなり、日本企業の中にもピリピリした雰囲気が蔓延し始めた。それでなくても日本人は不安遺伝子のせいで不安を感じやすく、その扁桃体は休むことなく活動し続けているのかもしれない。

 そうした状況を打開したいのなら、経営者が率先して穏やかな表情になる必要がある。そうすればミドル層はトップの顔色を窺う必要がなくなって表情が柔らかくなり、社員も安心して働けるようになる。怒りのメカニズムを理解した賢明な経営者なら、これまで紹介した対処法を活用しながら実践できるはずだ。

 【ノルアドレナリンを抑制する3つのポイント】

 (1)ハンカチを思い切り引っ張って歯をくいしばる

 (2)ガムを噛んでリラックスする

 (3)トイレの中で不安に思っていることを口にする

 ●解説者

 西多昌規(にしだ・まさき)

 精神科医。1970年、石川県生まれ。東京医科歯科大学卒業。『寝不足でも結果を出す全技法』など著書多数。現在はスタンフォード大学で睡眠医学の研究を行っている。

 有田秀穂(ありた・ひでほ)

 脳生理学者で医師。1948年生まれ。東京大学医学部卒業。セロトニン、オキシトシンなど脳内物質研究の第一人者。セロトニン道場の代表としても活躍している。

 山本潤一(やまもと・じゅんいち)

 日本メンタル再生研究所所長。1958年生まれ。明治大学卒業。企業や個人のメンタル対策に携わる。著書に『不安遺伝子を抑えて心がす~っとラクになる本』がある。

 枝川義邦(えだがわ・よしくに)

 早稲田大学研究戦略センター教授。1969年生まれ。脳科学を専門として、人材を生かした組織の研究も行う。著書に『「覚えられる」が習慣になる! 記憶力ドリル』など。

 (ジャーナリスト 田之上 信)

Read more