「不調感じたら、まず朝食から抜こう」『超一流は無駄に食べない 「少食」×「空腹」で活力がよみがえる!』

書評
『超一流は無駄に食べない「少食」×「空腹」で活力がよみがえる!』

 食事療法で知られる医学博士の著者が、自らのほか、古今東西の偉人、有名人らも指摘、実践し、成果を挙げてきた「少食=無駄に食べない」健康法を提案する。

 「空腹」状態により、「免疫力が上がる」「若々しさがよみがえる」「記憶力・集中力が高まる」などのメカニズムを紹介。また、就寝による「断食」後の朝、目ヤニや鼻づまり、息が臭いなどの状態は血液浄化反応で、空腹による治癒力の一つ-といった説明も説得力がある。

 「不調を感じたら、1食(まず朝食から)抜こう」などのステップ、実践者報告も参考になる。(石原結實著/海竜社・1300円+税)