高校教師・菅原晃氏「中高の教科書でわかる経済学 ミクロ篇」

著者は語る

 ■「黒字=儲け、赤字=ソン」は“トンデモ論

 「中国・日本・ドイツの米国に対する貿易黒字は、米国の雇用を奪う。貿易不均衡・米国の貿易赤字の是正が必要だ」。米トランプ政権の主張です。

 これは近代経済学の父、アダム・スミスが200年以上も前に否定した、重商主義(輸出を伸ばし、輸入を抑え、その差額=貿易黒字が国の富だ!)思想、たたいてもたたいてもよみがえる、ゾンビ思想=いかさま経済学です。しかし、米政権だけではなく、日本や世界の常識も「貿易黒字は儲(もう)け、赤字はソン」と“トンデモ論”になっています。マスコミも同様です。

 「黒字=儲け、赤字=ソン」という一般的な常識(天動説)は、経済学(地動説)では非常識なのです。貿易赤字が米国の雇用を奪う(GDP〈国内総生産〉を減らす)ことなど、原理的にあり得ません。

 さらにトランプ政権は、米の雇用を増やすため、他国企業(トヨタなど)による、米国内投資を歓迎しています。ところが、他国企業による米投資が増えれば増えるほど、米国の貿易赤字は増えるのです。貿易黒字・赤字は、カネの貸し借り(他国の米国への投資=米国の負債増)から生じるのです。ISバランス論といい、経済学部の学生が最初に習う「地動説」です。

 ところが、経済学徒の常識は一般人の非常識であり、それは学校の先生も同じです。公民科教員とはいえ、経済学部出身者など、10%もいないからです。

 同僚の公民科の先生から、「経済分野について、教えてほしい」とよく尋ねられました。「国際収支表をすべて合計すると、ゼロになるのはなぜ?」「日本は借金で破綻するの?」…等々。

 私が教材研究で地理や歴史の専門家の先生の著書にお世話になったように、非経済学部の大多数の先生に提供する「虎の巻」として本書を書きました。

 忙しいビジネスマンの方でも、「教科書」など難しい本を読まずに「経済学(地動説)」の本質が分かる本になっています。(1728円、河出書房新社)

                   ◇

【プロフィル】菅原晃

 すがわら・あきら 1965年生まれ。慶応大経済卒、玉川大大学院修士課程(教育学専攻)修了。現在、北海道の公立高校で公民科教諭を務めている。2015年「経済教育学会賞(研究部門)」受賞。13年「高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学」(河出書房新社)がベストセラーに。著書に「図解 使えるマクロ経済学」(KADOKAWA/中経出版)など。