「モデル」が見えない不安に束縛されない 世界の経営史から考える 

 

【安西洋之のローカリゼーションマップ】

 この夏の休暇中、企業経営史の本を何冊か読んだ。その中にあったいくつかのデータが頭からなかなか離れない。

 1つは1920年代の各国別の自動車所有台数だ。米国は人口1千人あたり160台以上。英国は15台、フランス13台、ドイツとイタリアはたったの3台であった。

 2つ目は経営大学院である。1881年に米国にペンシルベニア大学ウォートンスクールが創立、27年後にハーバード大学にもビジネススクールができ、1914年までに米国には30のビジネススクールが存在し毎年およそ1万人が卒業していた。

 また19世紀後半、マサチューセッツ工科大学など技術者を育てる教育機関も整備されていった。

 3つ目は同時期、つまり19世紀後半以降、ドイツも技術教育には力を入れた。1910年、工学系の履修者は年間1万6千人以上いた。一方、英国では1100人を僅かに超えた数であった。

 4つ目は英国の工学系の履修学生数がドイツと比較して圧倒的に少ないだけでなく、英国で経営に関する高等教育は殆どなかった、という事実だ。

 言うまでもなく、18世紀後半から19世紀前半の第一次産業革命の覇者は英国であり、19世紀後半から20世紀前半の第二次産業革命は米国によってリードされた。特に米国に発達した大企業が多くを変えた。

 それが自動車の普及率と経営大学院の卒業生の数にも表れている。

 20世紀初め、英国が米国式に追従しなかった理由は、産業分野の選択から家族経営への拘りまで色々とあった。が、なによりもまず、ある程度上手くいっている時、多勢に従わない矜持が良くも悪くも英国にあった。

 他方、イタリアの戦後、特に1970-80年代の経営史を読んでいると、産業集積地を中心とした中小企業の活躍が記されている。

 経営者達は次のように語っていた。

「米国のMBA(経営学修士)的な論理には無理がある。我々のような中小企業は別の道を行くのだ」と米国式経営と距離をもった態度を示していた。論理の通らないことや曖昧であることをそのまま受け入れる大切さを強調している。1つの裏づけとして、イタリアのデザインマネジメントの強さを述べる。

 1990年にイタリアに来たぼくも、その頃のビジネスの空気がよく想像できる。30年近くたった今、「あれがイタリアらしさの最後の抵抗だったのかもしれない」とも思う。

 さて、米国が英国に先行して優に半世紀以上がたった1990年以降、「グローバリゼーション」という現象が過去に類をみない規模で広がり、米国(を本社とした)大企業の経営の考え方がより「学ぶべき」ものと見なされる。

 それが今世紀に入ったこの10年数年近くの間、「混沌や曖昧なものをイノベーションにいかに活かすか?」と議論される。「定量」と「合理性」だけでなく、「定性」と「非合理性」を同様に重視し、「デザインが経営に必要な素養である」と語られるのも、その流れのなかにある。

 だが、この30年以上、「Made in Italy」というブランドがほぼ上昇気流にのっているにも関わらず、1980年代までのイタリアデザイン黄金時代のマネジメントが、この文脈で再評価の対象になっているか?と問えば、否である。

 ぼくはイタリアの経営学者に聞いてみた。

 「日本の場合、1970年代後半から1990年代の前半にかけ世界の隅々でMade in Japanのブランドが語られ、同時に日本の経営方法も注目を浴びた。そして1990年半ば以降、どちらも早いスピードでグローバルな視野から消え去った。一方、Made in Italyというブランドは急伸しているにも関わらず、イタリアの経営は参照されていない。どうしてイタリアマネジメントはモデルにならないのか?」

 経営学者の回答にはいくつかの要因が記されていた。おなじみの「イタリアには経営モデルを体系化する土壌がない」という理由もある。(マキャベリ『君主論』を生んだ国にも関わらず、これを文化土壌として言いやすいのはなぜだろうか)。しかし家族経営の中小企業のブランドや製品が市場の華だった状況で、体系化が可能だっただろうか?

 体系化を不得意として弁解するより、体系化しづらい環境にあったとしか言えないのではないか。20世紀初頭の英国における経営の高等教育への距離感と同じような理由があった、と言えるのではないか。

 現在、大企業だけにモデルを求める不自然さが指摘される。こうしてますます体系化とは離れ、「体系化しない体系化」という禅問答のような世界に入りつつある。

 20世紀初めの米国のダントツの強さの背景をもう一度考えるのは、21世紀の現況を再考するために有益だろう。モデルがない不安を解消するにも役立つ。モデルなんていつの時代にもないのだ、と思うのが良さそうだ。(安西洋之)

【プロフィル】安西洋之(あんざい ひろゆき)

上智大学文学部仏文科卒業。日本の自動車メーカーに勤務後、独立。ミラノ在住。ビジネスプランナーとしてデザインから文化論まで全方位で活動。現在、ローカリゼーションマップのビジネス化を図っている。著書に『デザインの次に来るもの』『世界の伸びる中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』『ヨーロッパの目 日本の目 文化のリアリティを読み解く』 共著に『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか? 世界で売れる商品の異文化対応力』。ローカリゼーションマップのサイト(β版)フェイスブックのページ ブログ「さまざまなデザイン」 Twitterは@anzaih

ローカリゼーションマップとは?
異文化市場を短期間で理解するためのアプローチ。ビジネス企画を前進させるための異文化の分かり方だが、異文化の対象は海外市場に限らず国内市場も含まれる。