治療薬「オプジーボ」 胃がんにも適応拡大へ 厚労省

 

 厚生労働省の部会は8日、患者の免疫の力を利用するがん治療薬「オプジーボ」の使用を胃がんにも適応拡大することで了承した。約1カ月後に正式承認され、保険適用になる見通し。

 既に承認された皮膚がん、肺がん、腎細胞がん、悪性リンパ腫などの適応と合わせ、幅広いがんで利用できるようになる。

 新たな適応は、再発や遠隔転移が起きた、抗がん剤治療後の胃がん患者が対象。製造元の小野薬品工業(大阪市)は年間数千人の利用を見込んでいる。

 オプジーボは平成26年9月に発売。新しい薬の仕組みが注目される一方で、患者1人に年間約3500万円かかるという批判の声も上がり、今年2月、半額に引き下げられた。

 このほか部会は、皮膚がんの一種「メルケル細胞がん」の治療薬として「バベンチオ」を使うことも了承した。独メルク社と米ファイザー社が共同開発したオプジーボと似た作用の治療薬で、日本での患者数は推定75人。