「私の仕事はなくならない」と考えている人の誤算 肉体労働だけが残る時代の到来

提供:PRESIDENT Online
写真はイメージです(Getty Images)

 そう遠くない未来に多くの仕事が消滅すると予測されている。英オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授によれば20年以内に日本人の仕事の49%が機械や人工知能に置き換わるという。この予測に対して、なぜ多くの日本人は危機感を抱けないのか。『仕事消滅』(講談社+α新書)の著者・鈴木貴博氏が、「3つの誤算」を指摘する--。

 「仕事はなくならないよ」という誤算

 人工知能とロボットの進化によって人間の仕事が機械に奪われている。これまでもそうだったのだが、これから先、「仕事消滅」の加速が予測されている。

 具体的に言えば2025年頃に人工知能が運転する完全な(世界基準ではレベル5の)自動運転車が登場する。その結果、数年の間にタクシードライバーや路線バスのドライバー、長距離トラックのドライバーなど車の運転を職業としている人の仕事が消滅すると予測されている。

 このことを労働問題の専門家と議論すると「今、少子高齢化で人手不足の問題がこれだけ議論されているのだから、人手がいらなくなるという話が歓迎されるのはあたりまえだよ」と諭される。この「仕事消滅」だけで日本では123万人分の労働人口が減ることに相当するのだが、自動運転車の開発に関するニュースはそのことを大きくは報じない。むしろ2025年に向けて世界の自動車各社がいかに研究開発を急いでいるかとか、それによって運送業で無人輸送が可能となって過重労働の問題が解消されているとか、ポジティブな話題としてしかこの問題は取り上げられていない。

 確かに私も経営コンサルタントとして企業の抱える問題を解決するのが仕事だから、人手不足が産業全体で今の問題として大きいということはわかっている。しかし「人が足りないから人が要らないようにしてしまおう」という技術革新の先には、それまで働いていた人にとってみじめな未来が待っているはずだ。

 「仕事消滅」が次々と起きれば経済発展どころではない

 そう問題提起をすると必ず戻ってくる反論が「仕事がなくなった分、イノベーションで新たな仕事が生まれるというのが経済の教科書に書かれている常識だ」というものだ。しかしこの常識が「間違いになりはじめたのではないか」という議論がいままさになされている。

 それまでのイノベーション理論では、イノベーションで新しいビジネスが起きると、それによってなくなってしまう産業の代わりにたくさんの新しいビジネスが生まれ、結果として産業は発展し雇用は増えるとされてきた。

 しかしこれはあくまで産業革命以来の経験則である。近年、懸念されていることは技術革新のスピードが速すぎて新しい産業が大きくなる前にまた新しい破壊が起き、結果として雇用は消滅していくという現象だ。

 ガラケーが誕生して「二つ折り携帯のヒンジを製造するメーカー」や「着メロ企業」が一瞬大儲けする時代がきたが、あっという間に時代はスマホに移行し需要も仕事もなくなる。そのような現象である。

 経済官僚は、ドライバー123万人が失業しても、飲食や小売、宅配など人手不足の現場に転職すれば産業は発展すると考えているのだろう。しかし、転職が始まる前に転職先の職場でも「仕事消滅」が次々と起きれば経済発展どころではなくなる。今、まさにそのような形の新しい破壊が問題になりつつあるのだ。

 しかしそれでもこの問題が大きな問題にならないふたつめの理由が「それでも自分は大丈夫だ」と大半の人が誤解しているからである。

 「私は大丈夫」という誤算

 大半の人が「自分の問題ではない」と誤解する最大の理由は、過去の「仕事消滅」は知識階層の問題ではなかったからだ。

 これまでも工場で人間の仕事が機械に置き換わるとか、オフィスで導入されたシステムで事務員の仕事が大幅になくなったということが無数に起きてきた。

 だからこの現象について大企業の管理職コースをあゆむキャリア正社員は「機械に仕事を奪われるのは肉体労働者や非正規雇用労働者にふりかかる問題だ」と捉えてきたのだが、それは正確ではない。

 これまでの20年間、産業界に起きてきたことは上記の表現とは少し違う。実際に起きてきたことは正確には「正社員の仕事をコンピューターが覚え、そのことによって正社員の仕事が大量に減って、非正規社員の仕事ばかりが増えてきた」という現象である。

 15年以内に直接的にキャリア正社員を脅かす

 昔は現場でも頭をひねって考えて対応しなければいけない仕事がたくさんあって、だから企業の末端には正社員がたくさんいて仕事の問題を解決してきた。ところが工場の生産ラインではLSIチップを搭載した工作機械が熟練工の仕事を覚え、オフィスではシステムが一番いい働き方をしている正社員の仕事を覚え、それまで難しい仕事だったものが「機械のサポートをうければ熟練度の低い従業員でもできる仕事」に代わってしまった。

 実はこれが、日本企業が終身雇用や年功序列をやめた最大の原因である。1980年代、企業の中に正社員の仕事が100あったとすると、2010年代にはそれが30ぐらいになり、70の仕事は非正規社員でこなせるようになった。だから昭和の時代にあれほどあった課長のポストが今はなくなり、大企業は役職定年やリストラなどで社員の数を減らすことにやっきになっているのだ。

 「正社員の仕事が消滅して非正規社員におきかわる」という現象は現在進行形で起きていて、そのことによって「正社員の生活も年々、楽ではなくなる」という影響が広がっているのだ。つまり仕事消滅はこれまでもキャリア正社員の人生に間接的に悪い影響を与えてきた「あなた自身の問題」なのである。

 そしてこの問題は実は、今から15年以内に、間接的にではなく直接的にキャリア正社員のポジションを脅かすようになる。それが3つめの誤算だ。

 「頭脳労働が先に消滅し、肉体労働が残る」という誤算

 昨年から今年にかけて、囲碁や将棋の世界でトップランクの棋士が人工知能に敗れるという事件が話題になった。将棋界には棋士の強さを表すレイティングというスコアがあって、名人クラスのプロ棋士は3400ぐらいのスコアなのだそうだ。

 スコアで500の差があると将棋の対局相手としては歯が立たないらしいのだが、現時点で最強の人工知能には4000近くの実力があると言われているのだ。

 「人工知能の将棋なんて、単なるプログラムだ」と言われ「弱過ぎて相手にならない」と言われていた時期から数年で、人間の最高峰の棋士が相手にならないと言われる時代が来てしまった。そうなった最大の理由が、人工知能が深層学習(ディープラーニング)できるようになったためだ。

 それまでのプログラムは作成者が「こう言う計算をしたうえで最善手を打つ」というプログラムを自分で作っていたのだが、今の人工知能は「どう戦うのがより強いのかを自分で学習する」力を身につけた。これが深層学習だ。プログラムが最強棋士の棋譜を読んで学習し、プロ棋士の強さを学びとってしまってプロ棋士よりも強くなるという現象が起きたのだ。

 クリエイティブな仕事のほうが先に消滅する

 実はこの技術は、多くの仕事に転用可能だ。金融商品のトレーディングの仕事を人工知能が深層学習すれば、早晩、デイトレーダーは人工知能には勝てなくなる。銀行業務の中で一番重要な「取引先の信用度を検討して融資を実行する」という仕事もフィンテックによって近々、人工知能が代行するほうが焦げ付きが減って安全になる。

 人工知能のほうがロボット技術よりも先にブレークスルーを起こした。頭のほうが手足よりも先に人間を超えそうなのだ。このことが意味することはこれから15年の間に「頭脳労働が先に消滅し、肉体労働だけが残る時代が来る」ということだ。

 ここが知識階層にとっての最大の誤算である。つい5年前までは「近未来では簡単な仕事はどんどん機械に置き換わるようになる。生き残るためには頭を使うクリエイティブな仕事につくべきだ」と言われていたのに、今やそのクリエイティブな仕事のほうが先に人工知能に置き換わり消滅しようとしている。

 では、みじめな未来を向かえないためには何をすべきなのか? 具体的な処方箋を著書『仕事消滅』にまとめている。興味をもたれた方はぜひお読みいただきたい。

 鈴木貴博(すずき・たかひろ)

 経営コンサルタント

 1962年生まれ。東京大学工学部卒業。ボストンコンサルティンググループなどを経て2003年に独立。過去20年にわたり大手人材企業のコンサルティングプロジェクトに従事。人工知能がもたらす「仕事消滅」の問題と関わるようになる。著書に『アマゾンのロングテールは、二度笑う』(講談社)、『戦略思考トレーニング』シリーズ(日本経済新聞出版社)などがある。

 ( 経営コンサルタント 鈴木 貴博)