心疾患のリスクが3割減に マグネシウム多めの摂取で効果

 

 食事でマグネシウムをたくさん摂取している人は、少ない人に比べて心筋梗塞などの「虚血性心疾患」になるリスクが3割以上低いとする大規模調査結果を、国立がん研究センターや国立循環器病研究センターが発表した。

 マグネシウムは魚や果物、野菜や大豆などに多く含まれるミネラルの一種で、不足すると血圧上昇や動脈硬化につながる。チームは適切な量を食事で取ることが、循環器病の予防につながる可能性があるとみている。

 チームは岩手県や沖縄県など8県に住む45~74歳の男女約8万5000人を追跡調査。約15年間のうちに1283人が心筋梗塞などの虚血性心疾患を、4110人が脳卒中を発症した。

 マグネシウムの摂取量に応じて5つのグループに分けて比較すると、摂取量が多いほど心筋梗塞になる危険性が低かった。男性だけで見ると、最も摂取量の多いグループは最も少ないグループに比べ虚血性心疾患の危険性が34%減少した。女性では、3番目に多く摂取しているグループで39%減少したが、これ以上多いグループでは、統計的に意味のある差を確認できなかった。

 また脳卒中とマグネシウム摂取量との関係も調べたが、関連性は見いだせなかった。

Read more