ウィーン木管五重奏団国際交流特別コンサート 中高吹奏楽部員と共演も 三鷹で来月13日

 
マティアス・シュルツ(フルート)

 一流演奏家と日本の吹奏楽部生との交流を目的とした「ウィーン木管五重奏団国際交流特別コンサート」(産経新聞社主催)が10月13日(午後7時開演)、東京・三鷹市芸術文化センター風のホールで開かれる。音楽監督の岡部武彦・ウィーン国際文化協会第一副会長のもと、数々の名曲が演奏される。

 ウィーン木管五重奏団のメンバーは、ウィーン・フィルのマティアス・シュルツ(フルート)やヨハネス・カフカ(ファゴット)、ヤン・ヤンコビッチ(ホルン)ら5人。

 演奏会の第1部は「日本の中高生&若手声楽家と共演」。都立三鷹中等教育学校の吹奏楽部員による歓迎演奏で始まり、ウィーン木管五重奏団と部員らが共演、女声声楽アンサンブル「ソロ-アンサンブル ヴィエバルト」も演奏する。

 第2部は「世界一流音楽家たちによる演奏」として、ウィーン木管五重奏団がたっぷりと聴かせる。シュトラウス2世「こうもり」序曲や、モーツァルト「交響曲第40番」第1楽章、プロコフィエフ「ピーターと狼」(日本語の語り付き)など親しみやすい作品を集めた。

 入場料‥大人2500円、小中高生1000円。ヴォートルチケットセンター(電)03・5355・1280。

 (http://ticket.votre.co.jp)