渓流上空 「飛ぶ団子」に歓声 藤村由紀子

Luxeな日本~地元発
藤村由紀子

 岩手県南部の磐井川中流に位置する厳美渓(げんびけい)。巨岩、奇岩に瀑布、美しい淵など表情豊かな自然が楽しめる渓谷に、ひときわ明るい声が響く場所がある。渓流の上空を団子が飛ぶのだ。

 飛んでいるのは創業1905年、郭公屋(かっこうや)の「かっこうだんご」。店の対岸にある東屋で客がロープに下がった籠に代金400円を入れ、木槌で板をたたけば、あっという間に籠が店に引きあげられる。やがてもちもちした食感と上品な甘さが魅力のみたらし、ごま、あんこの3本セットの団子と茶が入った籠が飛んでくる。ロープは手動で約70メートルを14秒で移動する。速い。茶は一滴もこぼれていない。

 モニター画面で東屋の様子を見て茶の数を決め、子供には水を出す。店には世界各国の国歌がそろい、4代目店主の千葉晴夫さんは、海外からの客にはその国の国歌を流すという。ロープを引く体験もできる。代金を「空輸」した仙台市の後岡駿太郎君は「緊張したけど、やりがいがあった」と満足そう。

 籠を使った店主と客の手紙のやりとりもある。こまやかな配慮と人情。空飛ぶ団子のきっかけは諸説あるものの、千葉さんによると、本当はよくわからないらしい。とはいえ、今や「かっこうだんご」が厳美渓の名物であることには変わりない。

 【luxe(リュクス)】 フランス語で元の意味は「贅沢」。最近は優雅で上品でありながら、洗練された贅沢なもの・ことなどの意味で使われる。

<プロフィル>

 ふじむら・ゆきこ 宮城テレビ出身。現在、国際会議などの日英司会やナレーション、通訳などを行うバイリンガルアナウンサーとして活動中。

 局アナnetは日本最大級の局アナ経験者ネットワーク。運営するLocal Topics Japan(http://lt-j.com/)では全国の地方の観光情報を日本語、英語と動画で紹介しています。コラム関連動画もごらんになれます。

Read more