『千葉ジェッツの奇跡 Bリーグ集客ナンバー1クラブの秘密』

書評

 ■成功物語にビジネスの視点

 〈第一印象は「経営の厳しさを分かっていないな」というものだった〉。バスケットボールとは無縁だった著者が、経営不振だったbjリーグのチームに関わることになり、代表取締役として観客動員数日本一と天皇杯優勝を達成するまでを振り返る。

 選手・スタッフの待遇改善、スポンサー価値の向上、エンターテインメント性の創出…。

 成功物語は読んでいて楽しい。同時に、発足したばかりのBリーグを頂点とする日本のプロバスケットボール界が直面する厳しい現実についても、ビジネスの視点からしっかり描かれていて示唆に富む。(島田慎二・著/1512円、KADOKAWA)