高齢男性、半数が飲み過ぎ 女性25%、多量飲酒も 厚労省研究班が注意喚起

 

 お酒を飲む65歳以上の男性の半数、女性の4分の1が、健康を保つための「節度ある適度な飲酒(適正量)」の目安とされる「1日当たり日本酒1合」以上のアルコールを摂取していることが、厚生労働省研究班の分析で1日、分かった。このうち適正量の3倍を日常的に飲む「多量飲酒」は高齢男性の約5%に達した。

 退職や配偶者の死などが飲酒のきっかけになる例もあるとされ、太刀川弘和筑波大准教授(精神医学)は「高齢者の飲酒をいけないとは言えないが、くれぐれも飲み過ぎに注意してほしい」と呼び掛けている。

 健康づくりの目標を定めた厚労省の「健康日本21」は、成人の適度な飲酒量として、1日のアルコール量を20グラム程度(日本酒1合、ビール500ミリリットル缶1本程度)と設定。研究班の翠川晴彦医師(有朋会栗田病院)らは、厚労省による平成25年度の国民生活基礎調査のデータを解析し、全国約15万人の高齢者の飲酒量などを調べた。月1日以上飲酒する高齢者は約4万8千人で、男性の56・4%、女性の24・9%が適正量以上を飲んでいた。

Read more