宇都宮で街おこしシールラリー 妖怪「百目鬼」探して魅力発見

 
妖怪百目鬼のオリジナルキャラクターのシールラリーを企画した宮本社長(左)とスタッフ=宇都宮市中戸祭

 妖怪「百目鬼(どうめき)」をテーマに、宇都宮の街中を巡ってもらうシールラリー「百目鬼を探せ!」が始まった。31日まで。印刷会社、みやもと(栃木県宇都宮市)が企画、宇都宮市民シティプロモーション支援事業に採択された街おこし事業。市民にもあまり知られていない歴史や民話に触れ、街の中を周遊することで新たな市の魅力を知ってもらう。

 「百目鬼」は、平安時代の武将、藤原秀郷(ひでさと)が宇都宮で退治したとされる。秀郷は宇都宮二荒山神社で勝利を祈願し、平将門を倒した功績で下野・武蔵の国司を務めた。これらの歴史と民話を知ってもらおうと、宮本誠社長(48)と妖怪好きのスタッフらで企画。宇都宮のヒーローとしての秀郷と、妖怪「百目鬼」のオリジナルキャラクターを制作した。

 シールラリーでは、マップを元に百目鬼の3Dフィギュアが潜んでいる5つのチェックポイントを巡り、目玉シールを集めた後、みやもと3Dメイカーズバンバスタジオ(同市馬場通り)の景品交換所で、プレミアムカードがもらえる。チェックポイントは二荒山神社周辺の市中心部で、うつのみや妖精ミュージアム(同)や宇都宮城址公園(同市本丸町)など5カ所。

 マップはJR宇都宮駅観光案内所や同ミュージアム、宇都宮餃子会直営「来らっせ本店」(同市馬場通り)などで配布している。マップ設置店も随時、募集している。

 シールラリーの他、ツイッターなどSNSで「#どうめき」をつけて投稿した画面を景品交換所で見せると、百目鬼缶バッジがもらえる企画も実施。問い合わせは、みやもと3Dメイカーズバンバスタジオ(電)028・666・6005。(松沢真美)