東京ロマンチカの三條正人さん死去 74歳

 
死去した三條正人さん

 「君は心の妻だから」などのヒット曲で知られる人気ムード歌謡グループ「鶴岡雅義と東京ロマンチカ」のメーンボーカルで、歌手の三條正人(さんじょう・まさと、本名・渡辺正好=わたなべ・まさよし)さんが5日、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。74歳。

 通夜は9日午後6時、葬儀・告別式は10日午前11時、東京都中野区中央2の33の3、宝仙寺で。喪主は妻で女優の香山美子(かやま・よしこ、本名・渡辺紀子=わたなべ・のりこ)さん。

 法政大在学中にコーラスグループを組み、音楽活動を展開。昭和42年、作曲家の鶴岡さんに誘われ、東京ロマンチカに加入した。デビュー曲「小樽のひとよ」が大ヒット。その後も「旅路のひとよ」などヒットを重ね、NHK紅白歌合戦にも出場した。

 ソロ活動へ転向した時期もあるが、東京ロマンチカに復帰した。48年には香山さんと結婚した。