ノーベル文学賞は日系英国人のカズオ・イシグロ氏

 
カズオ・イシグロ氏(長尾みなみ撮影)

 【ロンドン=岡部伸】スウェーデン・アカデミーは5日、2017年のノーベル文学賞を長崎県出身でロンドン在住の日系英国人作家、カズオ・イシグロ氏(62)=石黒一雄=に授与すると発表した。日本出身の作家として川端康成、大江健三郎氏に次ぎ3人目。

 静謐(せいひつ)で繊細な文体は、もの静かで落ち着いた印象があり、授賞理由では「(イシグロ氏は)偉大な感情の力を持つ小説によって、われわれが持つ、世界とつながっているという幻想的感覚の下に隠れた深淵を明らかにした」と評価された。

 長崎市で生まれ、幼少時に英国へ移住。1982年に英国に帰化し、86年には英国人女性と結婚した。

 受賞発表直後に英BBC放送から連絡を受け、“ドッキリ”を疑ったというイシグロ氏は、同放送に「仰天するほど喜ばしい。偉大な作家たちの歩みに加わることができたことは、最高の名誉です」と語った。

 また、「世界は非常に不確実な時期にある。(今回の受賞によって)何らかのポジティブな雰囲気に貢献できるならば、大きな感動だ」と述べた。

 若いころにミュージシャンを目指したが、作家に転身。執筆は英語で行い、人間が意思を通わせることの難しさや記憶の不確かさを浮き彫りにする作品で高い評価を得た。82年に英王立文学協会賞、89年にブッカー賞を受賞し、一気に名声を確立。多くの作品が映画化や舞台化されている。

 スウェーデン・アカデミーのダニウス事務局長は「完成度の高い作家だ」と評価した。

 授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金計900万スウェーデンクローナ(約1億2500万円)が贈られる。

 有力候補と目された村上春樹氏は受賞を逃した。

【プロフィル】カズオ・イシグロ氏

 1954年11月8日、長崎市生まれ。

 60年に両親と渡英。ケント大、イースト・アングリア大大学院で学ぶ。

 81年に短編小説で作家デビュー。82年に戦後の長崎を舞台にした小説「遠い山なみの光」を発表し脚光を浴びる。89年の「日の名残り」で英ブッカー賞を受賞、作品は映画化された。

 他に、上海租界を舞台にした「わたしたちが孤児だったころ」(00年)など。「わたしを離さないで」(05年)も映画になったほか、日本ではテレビドラマも制作された。(共同)

■イシグロ氏に世界から称賛の声 中国ハルキストは落胆 「村上に不満でもあるのか」

■イシグロ氏、もう一つの故郷が原動力 「いつか帰国するかもと思い生きてきた」

■イシグロ氏、来日時にルーツ再確認 村上春樹さんとは互いにファン公言

■新たな「レンズ」通し「記憶」と向きあう 「忘れられた巨人」著者 カズオ・イシグロさん

■【書評】『忘れられた巨人』カズオ・イシグロ著、土屋政雄訳