千葉大病院の死亡患者4人から多剤耐性緑膿菌

 

 千葉大病院(千葉市)は5日、8月下旬以降に死亡した入院患者4人から多剤耐性緑膿菌が検出されたとホームページで発表した。「患者は重篤な状態で治療していた」としており、死亡との関連を調べている。感染拡大を防ぐ対応をし、関係機関に報告したという。

 山本修一病院長は「このような事態となったことを重く受け止め、原因究明と再発防止に取り組んでいる。ご心配をおかけし、心よりおわび申し上げる」とのコメントを掲載した。

 多剤耐性緑膿菌は、複数の抗生物質が効かず、免疫力が弱まった高齢者らが感染すると死亡することもある。