カズオ・イシグロ氏、作詞家でも活躍していた ジャズ歌手最新盤にも提供 タイトルは日本愛感じる「新幹線」

ノーベル賞
作詞家としても活躍する英作家のカズオ・イシグロ氏(中央)と新作CDで2曲の歌詞を提供された歌手のステイシー・ケントさん(左)(提供写真)

 ノーベル文学賞受賞が決まった英国人作家、カズオ・イシグロ氏(62)が、日本を題材にした「バレット・トレイン(新幹線)」など2曲の作詞を担当したCDが25日、発売される。

 イシグロ氏が歌詞を提供したのは、英国を拠点に活動する女性ジャズ歌手、ステイシー・ケントさんの最新作「アイ・ノウ・アイ・ドリーム」。イシグロ氏は作詞家としても活動。ケントさんには2007年から歌詞を提供している。

 「バレット・トレイン(新幹線)」は英語の歌詞だが、イシグロ氏が日本に寄せる愛情が感じられる内容。冒頭には「名古屋です。ご乗車、ありがとうございました」という日本語の車内アナウンスが流れる。続いて、東京から名古屋へと高速で移動する「シンカンセン」の中で、いつまでも夜が訪れず、昔の知人ばかりが現れることに主人公が疑問を抱く様子が描かれ、幻想的な「イシグロ・ワールド」が展開する。

 日本での発売元ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルの担当者は「作詞家としての彼の姿も知ってほしい。韻を踏んだ軽妙な歌詞からは、文学作品とは一味違う魅力が感じてもらえると思います」と話している。

Read more