大麦に使いやすい商品登場 腸内改善、ダイエットで人気

 

 大麦が人気だ。豊富な食物繊維で腸内環境を改善し、ダイエット効果も期待できるとされている。電子レンジで温める商品やコメと一緒に炊くタイプも登場。サラダやスープの具としてもなじみ、利用しやすくなっている。

もちもち食感

 大麦はコメと同様に「もち」と「うるち」があり、もちは「もち麦」とも呼ばれる。うるちのタイプはつぶして平たく加工した「押し麦」などで利用される。

 ランチタイムに昼食を買い出す利用者でにぎわう東京都品川区のコンビニエンスストア「ローソン」で、会社員の女性は「鶏ささみと6種野菜のもち麦スープ」(399円)を購入した。「もち麦は体に良いので選んだ。初めて買うけれど楽しみ」と語った。

 電子レンジで温めて手軽に食べられるタイプで、ゴボウやタマネギなどの具材も麦の粒に合わせて細かくカットしてある。担当者によると30~40代の女性に人気だ。一緒に「もち麦入りおにぎり 枝豆と塩昆布」(125円)を買う利用者も多い。

 大塚製薬は電子レンジで温めて食べる「大麦生活 大麦ごはん」を通信販売などで展開。機能性表示食品でコメ約4割、大麦は約6割だ。利用者からは「もちもちしていて、おいしい」などの感想が寄せられている。味は2種類、いずれも1箱150グラム入りで、希望小売価格は216円。

満腹感続く効果

 大麦はコメとは炊飯時間が異なるが、加工や精麦の仕方を工夫し、米と交ぜて一緒に炊ける製品が出ている。使いやすくなったことで、スーパーの米売り場などでも買えるようになっている。

 はくばく(山梨県中央市)の「もち麦ごはん」は、洗った米に交ぜて炊くタイプ。「プチプチした食感が楽しい」との声が上がっている。冷めてもおいしいのでお弁当にも適しているという。50グラムの小袋が12入った商品の希望小売価格は486円だ。

 イオンのプライベートブランド(PB)「トップバリュ」の「食物繊維が豊富 胚芽もち麦」は、白米1合(1カップ)に対し、50グラム(3分の1カップ)交ぜて炊くのが目安だ。800グラム入りで386円。

 大麦に詳しい大妻女子大の青江誠一郎教授は「食後の血糖値上昇を抑制したり、満腹感が続いたりする効果が確認されている」と話している。

 ■「サラダチキン」も拡大 新商品が相次ぎ登場

 健康志向の高まりで、高タンパク質で低カロリーな食材である鶏のむね肉を軟らかく加工した「サラダチキン」の新商品が相次いで登場している。

 伊藤ハムは、サラダチキンのシリーズの5種類目「ゆず胡椒」を9月に発売。平成27年6月にシリーズの販売を始め、最近の売上高は昨年の約2・5倍に伸びた。担当者は「パスタやサンドイッチにも使われている。飽きられないように味付けを増やしている」と話す。

 日本ハムは包丁で切る手間が要らない切り落としタイプの商品を8月に発売し、丸大食品も今月に同タイプの商品を追加投入して種類を充実させる。

 フィットネスクラブ運営会社「RIZAP(ライザップ)」が監修した新商品を8月に発売したのはファミリーマート。運動中でも食べやすいスティック形で、担当者は「ダイエットに関心のある若い男女が購入している」と話す。

Read more