快適マンションが続々 専用プールからルームサービスまで (1/2ページ)

2010.7.27 19:51

 快適な施設やサービスをウリにしたマンションが続々と登場している。最上階に居住者専用のプールを設けたり、ピアノを備えたスタジオを設置したり。いずれも億ションと思いきや、サラリーマンでも手が届く物件が結構あるから驚きだ。

 快適マンションの筆頭格的な存在といえば、昨年3月に完成した「ブリリアマーレ有明」(東京都江東区、総戸数1085戸)。

 東京駅からJR京葉線経由で約20分、東京臨海高速鉄道りんかい線の国際展示場駅を降りると、日本有数のテニス場「有明テニスの森公園」が眼前に広がる。この公園を見下ろすようにたたずんでいるのがブリリアマーレだ。

 緑あふれる環境のよさに加え、充実した設備がウリ。最上階の33階に居住者専用のプール、スポーツジム、スパ、バーラウンジがあり、屋上には緑を配したぜいたくなテラスもある。

 不動産情報会社ネクストの2008年新築マンション人気ランキングで見事、全国1位に輝いた物件。気になる価格は、2LDK~3LDK(60~70平方メートル)で4000万~5000万円台の価格帯が多く、サラリーマンでも手が届く。

 近畿圏では、来年3月完成予定の「OSAKA福島タワー」(大阪市福島区、540戸)が注目されている。

 徒歩10分圏内に鉄道5線8駅が集中する好立地もさることながら、共用施設が至れり尽くせり。ピアノを置いたスタジオルームや、映画などが楽しめるシアタールーム、フィットネスに使えるマルチスタジオ、読書用のライブラリーまで備えられている。

 価格は、先のブリリアマーレと同じような感じで、4000万~5000万円台の価格帯が多くなっている。

 セキュリティー面で充実しているのは、来年3月完成予定の「プラウドシティ池袋本町」(東京都豊島区、785戸)。敷地内への侵入を排除する要塞のようなゲートを導入している。