「活躍の場がなくなってしまう」と不安 “つぶしがきかない病”払拭を (1/2ページ)

2012.10.19 07:30

使えるスキルを発見して上手にアピールする方法!「私のキャリアはつぶしがきかない」の大誤解:第3回

自分自身のキャリアを考えたときに、「専門的すぎる仕事をしてきた」「汎用性が低い業務にしか携わってきていない」などと不安になることがあるかもしれない。しかし、「つぶしのきかない仕事」は存在しない。ビジネスパーソンとして経験を積んでいる以上、自分で気づいていないだけで、たくさんのアピール素材を持っているはずなのだ。今回はそんな「つぶしがきかない病」を払拭するための思考法を紹介しよう。

【case3】「取扱う商材が特殊で…」と悩む印刷会社の営業の場合

<これまでの経験>

●入社6年、一貫して営業職を経験

●主に一般企業を対象とする、販促物や社内報などの印刷物のコンサルティング営業

●新規開拓営業とルート営業は半々ずつ

●顧客の経費削減・ウェブ化によって、受注件数、額ともに減少傾向

●いかに安く、クオリティーが高いものを納品できるかが勝負

<ネガティブな考え方>

「印刷会社ってかなり特殊ですよね?印刷手法とか、紙の種類とか、インクの種類とか…自分の持っている知識はかなりマニアックな気がする。しかも最近は社内報をメール化したり、社内用SNSで代替していたりするし、インターネット広告なんかもあるので、チラシを出したいという企業も減っているような…。自分の持っている力は同業界でしか活かせないし、今後活躍の場がなくなってしまうのではと不安で仕方ないや…」

「この経験はほかの業界でも活かせるかもしれない」

リクナビNEXTが「今すぐの転職」「いつかの転職」に役立つポイント

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!