10年後が見えない…自分の将来を描ける人はわずか14.7% (2/4ページ)

2012.11.7 09:00

■「やりたい仕事のイメージがつかない」から将来像を描けない人が最も多い

「あなたは今、5年後、10年後、20年後に、自分がどんな環境でどんな仕事をしているという将来像を、具体的に描けていますか?」--こんな質問を全国の28歳ビジネスパーソンに投げかけたところ、「描けている」と答えた人はわずか14.7%。8割以上の人が「自身の将来像を描けていない」という結果となった。

その理由として一番多かったのが「漠然とやりたいことはあっても、具体的にどんな仕事なのかイメージがつかない」(21.5%)というもの。次に続いたのが、「目先の仕事が忙しくて考える暇がない」「世の中がめまぐるしく変化しているので考えても意味がない」という意見だった。

28歳と言えば、社会に出て5年程度経つという人が多いため、そろそろ自分の強み、弱みが見えてくる年齢のはず。しかし、まだ将来進む道を決めかねている人が大多数であり、「将来像が描かれていないことに焦りや不安を感じない」との意見が10.2%を占めるなど、将来を考えること自体にあまり重要性を感じていないという人も存在するようだ。

■「なりたい将来像」を見つけるため、24%の人は行動している

「将来像を描いていない」85.3%の人の中で、「なりたい自分を見つけるために行動している」人は24.6%だった。決して高い数値とは言えないが、その回答からは、自分が進むべき道をつかもうと試行錯誤している姿が見えてきた。

ビジネス本の中から自分に向いている道を探す

リクナビNEXTが「今すぐの転職」「いつかの転職」に役立つポイント

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!