「堂々と来てほしい」 平日の昼間にHUBに行けない理由 (1/3ページ)

2013.6.23 06:00

槌屋詩野さん(後列左)ら

槌屋詩野さん(後列左)ら【拡大】

  • コワーキングスペース
  • イベント風景
  • イベント風景

 「平日のアフターファイブでも土日でもなく、平日の昼間に堂々と来てほしいんですよ。ちゃんと会社の上司に『HUBに行ってきます』と言って、『そうか、みんなによろしく』って答えが返ってくる。そういう使い方をするのが普通になって欲しいな、と」

 こう語るのは今年2月に目黒にオープンしたHUB 東京の代表である槌屋詩野さんだ。 

 HUBについては以前、ミラノの代表へのインタビューを紹介したことがある。HUBはロンドンにはじまったコワーキングスペースである。現在世界20数か国に6千人以上のメンバーが集まり、社会を変えていくビジネスイノベーターを輩出していく環境を整えているコミュニティでもある。

 日本のイノベーションは草の根ではなく大企業のなかから生まれやすい。が、槌屋さんによれば、大企業の社員が平日の昼間にHUBになかなか来てくれないという。個人的には今の社会を何とかしたいと思い、社外の勉強会に参加してネットワーキングに励む。しかし、それをなかなか自分の生業に持ち込めない。

 国を問わず大企業の社員は最初の一歩で怯みやすい。それがイノベーションという文脈での弱みであり、組織を守るという意味での強みだ。したがって大企業とイノベーションの組み合わせのなかで挑戦をする日本のHUBなりの課題がでてきているわけだ。

 ここでHUBについて少し説明しよう。

「あれしろ、これするな」というフランチャイズではない

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!