伊ファッション界の厳しさ 最初はボコボコ…日本人デザイナーの挑戦 (1/3ページ)

2013.7.28 06:00

 昨年はじめミラノコレクションの若手登竜門「ネクスト・ジェネレーション」で入賞したファッションデザイナーの村田晴信さんが、先週、こう語った。

 「あの時点でぼくの作品は90点だと思ったのですが、1年半を経過した今振り返ると50点程度ですね。素材を生かした切り貼りしたデザインばかり考えていて、装飾として使う刺繍やクリスタルは食わず嫌いだったのです」

 彼は今、英国人デザイナー、ジョン・リッチモンドのイタリア・ファッションメーカーでプレコレクションのレディーズ部門を任されている。同社には4つのラインがあり、「ファーストライン」(ショーで発表される服とレディースプレコレクション)、「セカンドライン」(ファーストラインの普及版)、「デニムライン」(サードライン)、「キッズライン」だ。

 ジョン・リッチモンドはもともとアバンギャルドな表現を売りにしたブランドで、村田さんがミラノコレクションで発表したミニマルな表現とは対極にある。しかし彼はリッチモンド自身から見込まれ、昨年5月から働き始めた。現在24歳である。

 案の定というべきか、最初の半年はボコボコにされたという。「インパクトがない」とアイデアを却下され続け、100枚のスケッチを描いて採用されるのは1、2案。

 一回のシーズンで約100アイテムの商品化が担当分だ。村田さんの落ち込みようがいか様だったか。想像に難くない。

肌を多く見せるのは下品で、「チラ見せ」がセクシーだと考えていた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!