就活前期に偏りがちな志望業界 表面的な華やかさに惑わされるな (1/4ページ)

2014.1.8 06:00

【プロが教える就活最前線】

 今の時期は、多くの就活生が企業の説明会やセミナーに参加しているでしょう。そして、自分の中で行きたい業界を決め始めたり、志望業界を早く決めようと焦ったりしている就活生が増えてきている頃ではないでしょうか。毎年、内定塾で多くの就活生と会う中で、学生が就活を始めた頃の志望業界と、面接を受け始める頃の志望業界が異なるケースが非常に多いと感じています。

 約半年間の就職活動を前期と後期に分けると、学生の志望業界は大きく変化します。前期の特徴としては、一部の業界に特に偏りが見られます。そして、後期は偏りが減り始め、業界規模に応じた志望者の割合に近づいていきます。では、なぜ前期でそのような偏りが見られるのでしょうか。

 まず、前期で特に人気があるのは、マスコミ業界や広告業界、エンターテインメント業界などです。前期の学生がそれらを志望する最も大きな理由は、「華やかだから」「クリエーティブだから」などです。

現場の社員に話を聞いてきてほしいと伝えています

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。