W杯で注目 ブラジルの「食」の魅力(上)フード編 (1/3ページ)

2014.5.25 12:07

ブラジル料理店「サウダーデ」の人気料理。(右手前から時計回りに)シュラスコの盛り合わせ、フェイジョアーダ、ムケッカ、パルミット。右奥は、モチモチした食感で日本でもおなじみのチーズパン、ポン・デ・ケージョ

ブラジル料理店「サウダーデ」の人気料理。(右手前から時計回りに)シュラスコの盛り合わせ、フェイジョアーダ、ムケッカ、パルミット。右奥は、モチモチした食感で日本でもおなじみのチーズパン、ポン・デ・ケージョ【拡大】

  • ブラジルの軽食「パステウ」(揚げパイ)は冷凍のパイシートを使い、家庭でも手軽に作れる。具は炒めた牛ひき肉やチーズ、ゆで卵、果物などお好みで。具と一緒に空気を入れるようにふわりと包むのがポイントで、180度の油でキツネ色になるまで揚げる

 ■「フェイジョアーダ」一番人気

 開幕まで1カ月を切ったサッカーワールドカップ(W杯)。熱い注目を集める開催国、ブラジルの食の魅力を2週にわたって探る。まずは「フード」から-。(榊聡美)

 楽しいからおいしい

 「広大な国土を持つブラジルは食文化もさまざまです。総じて調理法や味付けはいたってシンプル。その分、『勢い』があるのが特長です」

 日本サッカー協会が入るビル(通称・JFAハウス)にほど近い東京・湯島にあるブラジル料理店「サウダーデ」の店主、吉田貞仁さんはこう説明する。

 串刺しの塊肉を豪快に焼いた「シュラスコ」を見れば一目瞭然。「マナーも寛容で、食事は『楽しいからおいしい』という考え方なんです」と吉田さん。

 同店の一番人気の「フェイジョアーダ」は、ブラジル人のソウルフードといわれる。牛・豚肉のさまざまな部位やソーセージなどを黒豆と一緒にじっくり煮込む。耳や足など「残り肉」を使う奴隷の料理を起源とする説もある。

 水・土曜日の昼食に食べる習慣があるのは、「ブラジル人に聞いても理由はよく分からないのですが、いわゆる『半ドン』で、仕事が早く終わり、おなかいっぱい食べても大丈夫だから、というのが有力です」。

「フェイジョン」はどんな料理にも合う日本のみそ汁のような存在

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!