キャンピングカーの旅、シニア層に人気「自由気ままに」 (1/3ページ)

2014.5.25 12:10

宮沢さん夫婦のキャンピングカーの車内。道の駅で買った食材を調理することもある=東京都世田谷区(油原聡子撮影)

宮沢さん夫婦のキャンピングカーの車内。道の駅で買った食材を調理することもある=東京都世田谷区(油原聡子撮影)【拡大】

 新緑がまぶしい季節。旅行に出掛けるのもぴったりだ。時間に余裕のあるシニア層を中心に最近、キャンピングカーで旅行を楽しむ人が増えている。時間をたっぷり使い、自由に旅を組み立てることが魅力となっているようだ。

 交流のきっかけ

 東京都狛江市の宮沢武さん(71)はキャンピングカー歴約20年だ。現在所有するのは4代目となる、バンコンと呼ばれるタイプのキャンピングカー。現役時代は水道営繕の仕事をしていた宮沢さん。急な呼び出しで旅行をキャンセルすることもあった。「キャンピングカーなら時間も関係なく、自由に旅行できる。飛び込みで旅館に宿泊してもいいし、キャンピングカーに泊まってもいいし」

 68歳で仕事を辞めてからは夫婦2人で気ままに旅に出る。最近は、青森で開かれた津軽三味線の世界大会を目的に13日間の旅に出た。道の駅で食材を購入したり、名物を食べに行ったり。日帰り温泉に立ち寄ったことも。宿泊はキャンピングカーの中。「計画に縛られたくないので、いつも旅の目的は1つしか立てないんです。気軽に旅行できていいですよ」と宮沢さん。

キャンピングカーには「キャブコン」などさまざまなタイプが

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。