あなたの町に国会図書館 絶版など約131万点にアクセス (1/4ページ)

2014.5.25 08:01

4月からデジタル化資料送信サービスを開始した東京都江戸川区立中央図書館。同館は都内の区立図書館で唯一、同サービスを提供している

4月からデジタル化資料送信サービスを開始した東京都江戸川区立中央図書館。同館は都内の区立図書館で唯一、同サービスを提供している【拡大】

 国立国会図書館の蔵書を、全国の公立図書館などで閲覧できるサービスが今年1月に始まった。絶版などの理由で入手困難となった図書や古典など約131万点が、デジタル画像で見られる。地元にいながら貴重な資料に無料でアクセスできる画期的なサービスの現状と課題を探った。(伊藤洋一)

 現在163館参加

 100万冊をあなたの街へ-。こんなフレーズで、今年1月21日に始まった「図書館向けデジタル化資料送信サービス」。過去の資料を探すため、時間とお金をかけて東京に出向くことなく、近所の図書館で検索・閲覧できる便利な仕組みだ。平成24年の著作権法改正により可能となった。

 当初、17館でスタートしたこのサービスには、今月14日時点で163の公立図書館、大学図書館が参加。「これ以外に約100館から申請が届いており、準備を進めている」と、国立国会図書館利用者サービス部の小坂昌課長補佐。4月末までの閲覧数はのべ約1万4千件に上り、順調な滑り出しといえそうだ。

論文や和漢書など

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。