顕微鏡でミクロの世界を記録 YASHICA YDMS-01 (1/2ページ)

2014.6.8 11:45

 この記事の写真に写っている「ニ」の文字の正体をご存じでしたか? 実はこれ、千円札の裏側の右上部分にある3枚の花びらの1枚に隠されているのです。他の2枚にも「ホ」と「ン」の文字が隠れており、3文字あわせて「ニホン(日本)」となります。

 千円札には他にも、表側の右下部分に「NIPPONGINKO」の文字列があります。偽造防止のため、お札にはさまざまな工夫が施されているのです。

 この写真は、顕微鏡で見た対象物を写真や動画で保存できる、ヤシカ「YDMS-01」(市価2万5千円程度)を使って撮影しました。顕微鏡を使うのは小学生以来、約20年ぶりでしたが、操作は予想以上に使いやすく感じました。

 観察の際は、まず対象物をステージに置き、3・5インチのカラー液晶モニターを見ながらフォーカスを合わせます。接眼レンズをのぞきこむ必要がないため、記憶にある幼少時の実験と比べると、観察がかなり楽。表示倍率は、光学ズームで20~500倍。デジタルズームを併用すれば、最大2千倍までと、かなり細かいものまで観察できます。

 撮影は土台部分にある撮影ボタンを押すだけ。ちょっと暗いと感じた場合は、レンズの周囲にあるLEDライトを使い、明るさも自由に調整できます。

理科の「定番」の撮影も楽しい使い方の一つ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!