【書評】『眠る魚』坂東眞砂子著 (1/2ページ)

2014.6.21 14:11

 ■「戻る場所の存在」の意味

 今年1月、55歳という若さで亡くなった坂東眞砂子氏のウェブ連載小説が、未完のまま出版された。

 1月10日の更新分が最後となったこの物語は、南太平洋のバヌアツに暮らす伊都部彩実が東日本大震災のニュースに触れた場面から始まる。

 その後、彩実は父の訃報を聞いて故郷に一時帰国する。報道で目にした震災後の放射能汚染が心配だったが、驚いたことに家族や親戚(しんせき)はまったく危機感を持っていない。病気や突然死が増えていると聞き、放射能が原因ではと案じる彩実に対して故郷の人々はアオイロコという風土病のせいだと言うのだ。現実から目を逸(そ)らしているとしか思えないその言動に、彩実の違和感は膨れ上がる。そしてついに彩実の体にも異変が-。

 舞台は、今より少しばかり未来である。彩実が暮らす町も「関東平野の片隅」という記述があるだけで、地名などはすべて架空だ。

 しかしここに綴(つづ)られる出来事は実にリアル。特に、急増する病気や奇形植物を目の当たりにしながら、原発事故などなかったかのように日常を送る人々の描写には、まるで足元に蛇が這(は)っているかのような不気味さを感じた。

慣れ親しんだ日本人のメンタリティ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!