「格安航空」利用の注意点 夏休みの旅行や帰省は計画的に (1/3ページ)

2014.6.22 12:11

 夏休みの旅行や帰省の計画を立てている人も多いのではないでしょうか。

 「旅行代金を抑えたい」と思ったときに選択肢となるのが格安航空会社(LCC=ロー・コスト・キャリア)。国内線には現在、全日空などが出資するピーチ・アビエーション、全日空100%出資子会社のバニラ・エア、日本航空などが出資するジェットスター・ジャパンが就航しています。

 「機長不足」を理由に欠航が相次いでいますが、LCCの魅力は何といっても「運賃が安い」こと。大手航空会社の割安なチケットと比べても半額以下のものが多いようです。旅行計画にうまく取り入れることができれば、非常にお得になります。

 ただ、利用する際には注意点もあります。

 まず、「運航路線や利用空港が限られる」。羽田や伊丹といった利便性の良い空港ではなく、成田や関空などに就航しています。出発時間も早朝や夜間になるケースが多く、スケジュールの立て方に工夫が必要です。

一度遅れが生じると、後の便の出発にまで影響

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!