自閉症児教育に人型ロボット コミュニケーション能力育むアプリ搭載 (1/2ページ)

2014.7.6 11:55

米国などで自閉症教育に使われている人型ロボット「NAO」=5月、東京都内の教育ITソリューションEXPO会場

米国などで自閉症教育に使われている人型ロボット「NAO」=5月、東京都内の教育ITソリューションEXPO会場【拡大】

 自閉症の子供たちの教育用に人型ロボットが登場し、注目を集めている。人型ロボット開発会社のアルデバラン(本社・仏パリ)の「NAO(ナオ)」で、歌ったり踊ったりできるほか、コミュニケーション能力を育むアプリ(応用ソフト)なども搭載。各地の特別支援学校などから「デモンストレーションをしてほしい」との要望が相次いでいる。

 NAOは2006年に誕生した「身長」58センチの小型ロボットで、滑らかな動きと丸みのあるデザインが特徴。千葉県内の小学校の特別支援学級で実施したデモンストレーションでは、2~5年の児童と体操をした後、児童に動物の名前を告げてその絵カードを示してもらうゲームなどを行った。NAOに話し掛ける児童もいたという。

 同社日本法人の担当者は「自閉症のお子さんは興味があることを繰り返し聞きたがる傾向がある。教員や親だと何度もせがまれて感情的になることがあるが、ロボットは怒らず、何度も伝えることができる。お子さんもロボットに自然に関心を向ける」と説明する。

ソフトバンクの「ペッパー」と同じOSを使用

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。