「インターン」活況、高額報酬も 採用売り手市場、“接点”求め競争 (1/4ページ)

2014.7.17 06:51

 新卒学生に対する採用意欲が高まる中、大学生が企業で実際に働く体験をする「インターンシップ」が増加している。優秀な学生に自社のことを知ってもらいたい企業側と、就職活動を少しでも有利に進めたい学生側の考えが一致しているためだ。新卒学生の採用が売り手市場へと向かう中、企業は新規事業の立ち上げを経験させたり、一部では高額報酬を提供するなどし、学生のやる気を引き出している。

 三井住友海上火災保険は今年から、インターン制度を刷新する。これまで夏季の1週間のみのプログラムだったものを2週間に延ばす。夏季の通常のインターンに加え、秋に現場実習を実施するほか、冬に学生が考案したビジネスプランを発表するコンテストを開く。

 3年ぶり復活

 インターンの刷新は、「自ら挑戦する人材」(広報担当)の採用につなげる狙い。従来の短期のインターンでは学生の資質がみえにくい。より長期のプログラムで「学生とじっくり接点を持てる」(同)利点がある。また、現場実習をベースにしてビジネスプランを作っていく過程で、ほしい人材を育ててしまう狙いもある。

優秀な学生には米国・シリコンバレーの企業へのツアーなども用意

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。