食品への放射線照射、「安全」なのになぜ禁止? 青汁自主回収 (1/4ページ)

2014.7.19 18:03

 輸入の青汁原料に放射線照射されていることが分かり、商品が自主回収されている。食品への放射線照射は国内ではジャガイモの芽止め目的しか認められておらず、それ以外の使用は食品衛生法違反となる。専門家は「安全上、問題ではないので心配いらない」と話す。では、なぜ禁止されているのだろうか。(平沢裕子)

 国際規格はOK

 東京都港区によると、照射が判明したのは、輸入業者のグリーンバイオアクティブ社(今年5月倒産)が昨年2月~今年3月、米国から輸入した大麦若葉粉末約20トン。5メガ電子ボルトのエネルギーを有する電子線が照射されていた。

 国内では食品への照射は食品衛生法11条で原則、禁止となっている。同区は5月、同社に対して同粉末の回収命令を出すとともに、同粉末を原料に青汁などの商品を製造している事業者がある33自治体に情報提供した。各自治体は企業による自主回収を進めているが、関東地方の青汁製造・販売業者は「青汁は毎日飲むものだけに、昨年販売された商品の回収は難しい」と言い、既に消費されたものも多いようだ。

国際規格との整合性が取れていない

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。