就活継続中… 活動対象を見直すポイントは? (1/3ページ)

2014.7.19 18:03

 【Q】就活継続中で、これから活動対象を見直します。ポイントは?

 【A】採用ニーズの実態を踏まえて、こだわりの優先順位をつけよう

 7月前半にお伝えしてきたように、多くの企業が採用活動を継続中で、来春就職希望の学生にとって、まだまだ多くのチャンスがあります。とはいえ、「第1志望の内々定を得た友達と自分を比べて立ち直れない」「当初の志望条件に合う求人がない。どこにアプローチしていいか分からない」といった学生の声も耳にします。

 せっかくチャンスがあっても動けない時期が続いて、見逃しては元も子もありません。こうした学生にはぜひ、企業の採用ニーズや、それを反映した大学生の就職先の実態を知ってほしいと思います。

 公益社団法人「全国求人情報協会」が、今春卒業した先輩学生を対象に3月に実施した「2014年卒学生の就職活動の実態に関する調査」で、日本の大卒者などの就職を取り巻く環境に関する8つの実態の認知度を調べた結果、就職活動を経験した卒業直前の先輩でも認知度が低いと分かりました。

第1志望に就職する人は就職者の3割程度

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。