就活を続ける気力が萎えてきた… 周囲の力を借りて突破口を (1/2ページ)

2014.7.26 12:02

就活・役立った情報源

就活・役立った情報源【拡大】

 【Q】就職活動を継続する気力が萎えてきました

 【A】周囲の人やプロに相談して突破口を開こう

 暑い日が続き、説明会や選考のために企業訪問を続けている学生にとっては体調を崩しやすい時期に入りました。水分補給や温度調整など体調管理も忘れてはなりません。

 気力の面でも注意が必要です。就職活動を終えた友人が夏休みを楽しんでいるのを横目に、猛暑下で活動を継続するのは、ただでさえ大変なこと。加えて、志望企業の選び方の見直しなどの難題に直面すれば、意欲が萎えるときも…。

 そんなときは1人で抱え込まず、周囲の力を借りることも視野に入れましょう。就職みらい研究所の『就職白書』によると、例年、先輩学生の8割程度が就職活動に関する相談を実施。相談相手は友人、家族、大学の先生やキャリアセンターが多く、それぞれ50%前後の大学生が相談しています。「つらい心境を打ち明けて、思いっきり泣いたらスッキリした」「内定を取りたい焦りで見失っていた自分の価値観や持ち味に気づかされた」という声に代表されますが、活動継続の活力や活動見直しのヒントを得られます。

「家族や友人に相談するのは気が進まない」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。