銀行マンのお給料、2年連続増加 トップは三井住友

2014.8.12 15:47

 平成26年3月期の国内銀行102行の平均年収(給与)は609万7千円と前期比0・2%増加したことが12日、東京商工リサーチの調査で分かった。銀行別では三井住友銀行が831万8千円(前期比4・1%増)で初めて首位となった。

 平均年収の増加は2年連続。だが、ピークだったリーマン・ショック前の19年3月期(648万1千円)に比べ、まだ約40万円の差がある。

 銀行別の2位は東京スター銀行の810万5千円(前期比2・2%減)、3位は三菱東京UFJ銀行の798万6千円(0・2%減)だった。前期を上回ったのは102行中65行だった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。