【江藤詩文の世界鉄道旅】インディアン・パシフィック鉄道(1)あれ、デジャヴ?…勝手知ったるなつかしい車両に意気揚々 (1/3ページ)

2014.8.16 18:00

高い時計塔が印象的。1906年に開業したシドニーのセントラル・ステーション

高い時計塔が印象的。1906年に開業したシドニーのセントラル・ステーション【拡大】

  • セントラル・ステーションのグランドコンコース。歴史を感じさせるたたずまい
  • G車両の専属クルー、デンマーク人のヨス(左)と、オーストラリア人のトレイン・マネージャー、グレッグ
  • 『ザ・ガン鉄道』とまったく同じ。「ゴールドサービス」のツインタイプのキャビン
  • キャビンに届いたウェルカムアメニティ。ひとりで乗車しているのは私だけだったため「ひとりでも寂しくないように」と、特別にクマのぬいぐるみをいただいた。ウェルカムドリンクはビールやカクテルなどもある

 2013年1月、夏真っ盛りに乗車したオーストラリア大陸“縦断”鉄道『ザ・ガン鉄道』

 日常から切り離され、Wi-Fiも電話もつながらない、“アウトバック”と呼ばれる何もない赤銅色の大地を、頭をからっぽにして駆け抜けるあの快感に取り憑かれ、今度は冬を狙い、再び乗り込むことにした。今回選んだのは、『ザ・ガン鉄道』の姉妹列車『インディアン・パシフィック鉄道』。その名が示す通り、インド洋と太平洋を結び、オーストラリア大陸の南端4352キロを3泊4日かけて走る大陸“横断”鉄道だ。

 旅の起点は、シドニーのセントラル・ステーション。午後2時55分の出発に備えて午後1時半ごろ駅に到着すると、列車はすでに入線していた。というか長過ぎてホームに収まりきれないため、半分に切り離して2番線と3番線に停車している。機関車も、所在なさげに別の線路に停まっている。

平均的な編成は30両で全長774m!

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。