【江藤詩文の世界鉄道旅】インディアン・パシフィック鉄道(2)進化するオーストラリア料理…厨房を仕切る23歳の女性料理長 (1/2ページ)

2014.8.23 18:00

初日のディナーのメイン料理。白身魚とムール貝をエスニックなトマトソースで煮てごはんにかけたどんぶり風。ココナツやハーブを使い、東南アジアの要素を取り入れている

初日のディナーのメイン料理。白身魚とムール貝をエスニックなトマトソースで煮てごはんにかけたどんぶり風。ココナツやハーブを使い、東南アジアの要素を取り入れている【拡大】

  • 1日3回の食事をとるダイニングカー「クイーン・アデレード・レストラン」
  • ラウンジカー「アウトバック・エクスプローラー・ラウンジ」は憩いの場。朝食終わりに午前中からアルコールを楽しむ乗客も
  • 料理長のリーン・ボルトンさんはアデレード出身の23歳。キッチンカーで働く大半は男性スタッフだ
  • 人気の料理は『ザ・ガン鉄道』と共有され、長くメニューに載り続ける。これは『ザ・ガン鉄道』でも味わった綿あめをトッピングしたラベンダーの香りのパンナコッタ

 「もしかして、シェフが変わりましたか?」

 『インディアン・パシフィック鉄道』に乗車して2日目の夜。列車が『アデレード・パークランズ・ターミナル』に停車して、長旅の準備を整えるための時間を利用した『オフトレインツアー』でアデレード市内の散策を楽しみ、オーストラリア産スパークリングワインを飲みながらひと息入れて、ディナーのテーブルについた。

 前菜の『シャーク湾でとれたカニ肉とアボカドのサラダ仕立て』を、フォークでそっとくずして口に運ぶ。あれ……? 昨夜味わった『ハーベイ湾のホタテの手打ちラビオリ包み』と、なんだか印象が違うのだ。

 聞けば、『インディアン・パシフィック鉄道』や『ザ・ガン鉄道』を運営するグレート・サザンレイル社はアデレードを拠点にしていて、アデレードで乗客が市内観光をしているあいだに、すべての乗務員が交代したという。

 1日目の厨房を取り仕切っていたのは、23歳の女性料理長。2か月前に昇進したばかりだそうで、溌剌としている。「キッチンを見せていただけますか」。ダメもとでお願いすると、こう言った。ちなみにザ・ガン鉄道では、安全上の理由からキッチンカーの内部を見ることはできなかった。

若い女性が抜擢される豪料理界の背景とは…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。