糖尿病でもケーキの楽しみ 「無糖」ケーキ、神戸の医院と洋菓子店が開発 (1/3ページ)

2014.9.15 17:02

【STOP!メタボリックシンドローム】

 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と関連が深い糖尿病とその予備軍。食事療法が始まると、つらいのは好物の甘い菓子類を控えることだという。そこで、制限するより、食の楽しみを重視しようと、糖尿病患者の食事指導を行う管理栄養士と洋菓子店が連携。砂糖ゼロで低カロリーのロールケーキを開発し、その成果が学会で発表された。味や食感を通常商品のレベルにすることに成功しており、患者らには朗報だ。(山本雅人)

 味・食感、ほぼ同じ

 開発したのは、にしかげ内科クリニック(神戸市垂水区、西影裕文院長)の管理栄養士、向山万為子さんのグループ。日頃の栄養指導で、患者が甘い菓子類を我慢できないとの声が多いため、そういう人たちでも食べられるスイーツを作りたいと無糖のケーキのレシピ作りを思い立った。

 複数の洋菓子店に声を掛け、神戸市内に本店を置く「パティスリー・ブルシェ」(吉田英三代表)が「ぜひ一緒にやりたい」と協力を申し出た。

血糖値の急激な上昇などの心配は少ない

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。