【追悼】山口洋子さん 「詞から絵が浮かぶ…こんな人いません」平尾昌晃 (1/3ページ)

2014.9.20 17:10

平尾昌晃さんと対談する山口洋子さん(右)=平成10年3月

平尾昌晃さんと対談する山口洋子さん(右)=平成10年3月【拡大】

 あまりにも急で、ショックです。僕の心にぽっかりと穴が空いたようです。ああいう詞を書ける人はほかにいないので、歌謡界にとっても大きな損失です。

 《山口さん作詞、平尾さん作曲で数々のヒット曲を手掛けた。中でも、2人が五木ひろしさんに提供したヒット曲は数多い。きっかけは、五木さんが昭和45年にテレビ番組「全日本歌謡選手権」で10週勝ち抜き、グランドチャンピオンとなったことだった。山口さんと平尾さんは番組の審査員だった》

 このとき、山口さんが「平尾さん、歌を作りましょうよ。私も平尾さんのファンだから、ぜひやりたいわ」って言ったのが始まりでした。4、5編の詞を用意してくれました。その中の一つが「よこはま・たそがれ」です。最初は「何、これ」ってびっくりしましたよ。

 《「よこはま・たそがれ」の歌い出しは名詞が続く斬新なものだった》

 これで歌になるのかってあせったんですけど、この詞には独特のリズムがあることに気づいたんです。普通の演歌は五七五が多いんですけど、この歌は四四七なんです。それがとてもリズムに乗りやすい。僕はすっかり創作意欲に駆られて。五木君は地味だから、華やかにした方がいいかな、じゃあロック歌謡みたいなのはどうかなって提案したんです。それであの弾むような曲調になりました。

「いいねそれ、『夜空』でいこうか」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。