【江藤詩文の世界鉄道旅】シーニック・レイルウェイ 世界遺産の原生林を…“ギネスの”勾配で急降下 (1/2ページ)

2014.9.21 18:00

「ヒアウィゴー!!」。明るいかけ声と同時に出発し、最大斜度52度の斜面415mを、わずか2分で降下する「シーニック・レイルウェイ」

「ヒアウィゴー!!」。明るいかけ声と同時に出発し、最大斜度52度の斜面415mを、わずか2分で降下する「シーニック・レイルウェイ」【拡大】

  • ベンチシートの傾斜角度を最大の64度に調節したものの、安全のために張られたメッシュ状の金網が視界を遮り、臨場感に欠ける…
  • 出発時に乗客の写真を撮影するカメラマンがいるものテーマパークっぽい。希望者は、降車後にギフトショップで写真を購入できる
  • リニューアル前に使われていたという4代目の車両。これなら、かなりスリルがありそうだ
  • 階段状になった斜めのプラットフォームには、「シーニック・レイルウェイ」の歴史を知ることができるタッチスクリーン式パネルが設置されている
  • 1933年に走行していた初代のトロッコ列車

 「オーストラリア・シドニー郊外の“世界遺産”ブルーマウンテンズには、古代原生林のなか、“ギネスブック”に登録された世界一の急勾配を降下するスリリングなトロッコ列車がある--」

 “高いところ”や“速いもの”が好きだ。旅先にタワーがあれば、できる限り上るし、ジェットコースターだって楽勝。我ながら粋狂と思うが、ラスベガスで“ジェットコースター全種類制覇”に挑んだこともあるし、UAEの首都アブダビでは“世界最速のジェットコースター”にも乗った。

 そんなわたしが、わざわざブルーマウンテンズまで行って、このトロッコ列車を逃すなんてあり得ない。

 鉄道ファン、ジェットコースターファン、世界遺産ファン…。幅広い層を刺激するトロッコ列車は、ブルーマウンテンズ国立公園の観光施設「シーニックワールド」にあった。列車のほかロープウェイや、床が透明になるゴンドラもあり、アミューズメントパークのアトラクションを思わせる。

爆走トロッコで気分は「インディ・ジョーズ」と思いきや…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。