御嶽山だけじゃない…火山観光に潜むリスク 防災品、避難…安全対策を (1/3ページ)

2014.10.5 17:10

噴煙の上がる山。紅葉シーズンを迎え、大勢の登山客でにぎわっている(本文とは関係ありません)

噴煙の上がる山。紅葉シーズンを迎え、大勢の登山客でにぎわっている(本文とは関係ありません)【拡大】

  • 噴火から逃げるときに頭を守るための折りたたみヘルメットを手にする上地忍さん

 紅葉狩りが一転、戦後最悪の火山災害となった御嶽山(おんたけさん)の噴火は事前予測の難しさを浮き彫りにした。噴火口が観光地として人気の火山は各地にあり、命にかかわるリスクが日常の延長上に潜んでいる。万が一のとき、どうすれば身を守れるか専門家らに対処方法を聞いた。

 紅葉シーズンが始まった週末の御嶽山。昼食時、絶景の山頂に集まった登山客は、噴石に当たって身動きが取れなくなったり、降灰に視界を遮られ、避難が遅れたとみられる。

 御嶽山のような人気観光地となっている火山を抱える自治体は、気象庁の噴火警戒レベルに応じた対策を取っているものの、登山者の安全確保は「自己責任」が原則だ。今回の噴火でも警戒レベルが平常の「1」から入山規制の「3」に引き上げられたのは噴火後。火山観光では噴火に巻き込まれる可能性もあることが、改めて認識された。

 家庭向けの噴火・火山灰対策用品販売サイト「噴火.com(ドットコム)」では、観光携帯用の噴火対策セットが御嶽山噴火前の10倍も売れている。

「噴石が激しく飛んでいる間は山小屋に避難を」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。