【書評】『日中韓を振り回すナショナリズムの正体』半藤一利、保阪正康・著

2014.10.11 05:00

 ■博覧強記の2人が対話で分析

 「ナショナリズム」の意味を、私たちはちゃんと理解し共有できているのだろうか。博覧強記の2人が対話形式で、深く鋭く解説していく。思索の手がかりになる一冊だが、エピソードも面白い。たとえば半藤一利さんが司馬遼太郎さんから聞いた言葉。いわく「日本人の精神は、一尺掘ると攘夷(じょうい)が出てくる。攘夷は、君のなかにだってあるんだよ」。

 〈(悪い)ナショナリズムは愛国心とは違って(中略)他民族への友情や共感をあれよという間に憎悪や敵意に変えてしまう激しい感情でもあるのである〉。さて憎悪の連鎖を打ち切るには…。(1620円、東洋経済新報社)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。