「生活の質」低下招く便失禁 電気刺激の治療も選択肢に (1/3ページ)

2014.10.13 17:03

仙骨神経刺激療法

仙骨神経刺激療法【拡大】

  • 埋め込む機械
  • 吉岡和彦・関西医科大学付属滝井病院副院長

 出産や手術により肛門周辺の括約(かつやく)筋が損傷を受けるなどし、自分で排便をコントロールできなくなる「便失禁」。これまでは投薬などによる治療が主だったが今年4月から、ペースメーカーを体内に植え込み、微弱な電気刺激を与える治療法が保険適用となった。この治療を受けた患者の7割に改善が見られており、治療の選択肢が広がっている。一人で悩みがちな疾患だが専門家は、「ぜひ専門医に相談してほしい」と呼びかけている。(佐々木詩)

 国内に約500万人

 便失禁の患者は出産を経験した50~60代の女性に多い。重度の糖尿病患者や直腸がんの手術後などにも起こるといい、現在国内に約500万人いると推定される。

 初期症状としては排便した後の切れが悪く、本人の意思に反して漏れるようになり、徐々に失禁の頻度が高まっていく。便は軟便に限らず、固い場合もあり、下痢の症状とは大きく異なる。起きているときだけではなく就寝中でも漏れてしまうこともあるので、おむつを着けて生活している患者もいるという。便失禁の治療に詳しい、関西医科大学付属滝井病院副院長で外科部長の吉岡和彦さんは「便失禁のため、外出を避けるようになったり、家族にも言えず悩む患者さんが多い。生活の質がきわめて低下する疾患といえます」と話す。

これまで約7割の患者が改善

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。