幼い子供でもドナーに 弟から骨髄移植受けた女子中学生 夢は「看護師」 (1/6ページ)

2014.10.19 07:20

「将来は看護師になりたい」と話す栄田咲さん=大阪府守口市

「将来は看護師になりたい」と話す栄田咲さん=大阪府守口市【拡大】

  • 栄田咲さん(右)と母親の慶子さん=大阪府守口市
  • 大阪プロレスの会場で2周年の祝福を受ける栄田咲さん(中央)=昨年8月、大阪市中央区
  • 大阪プロレスのマスクをつけて骨髄バンクへの募金活動に協力する弟の快君(左)=昨年8月、大阪市中央区

 「骨髄移植で救える命があることを知ってほしい」-。当時4歳だった弟から骨髄移植を受け、難病を克服した大阪府守口市の中学1年、栄(えい)田(だ)咲(さき)さん(12)が、家族ぐるみで骨髄バンクへの理解を訴える慈善活動に取り組んでいる。移植から3年、活動開始から2年が経過。周囲からも温かい支援を受け、すっかり健康を取り戻した咲さんは「弟のように小さな子供でもドナー(骨髄提供者)になれることを伝えたい」と呼びかけている。(上岡由美)

 4歳の弟がドナーに

 咲さんが病魔に襲われたのは平成22年6月、小学3年のときだった。なかなか熱が下がらず、かかりつけの小児科へ行くと、すぐに医師から大きな病院に行くよう勧められた。

 すぐにタクシーで病院に向かい、あらゆる検査を受けた。最初は風邪ぐらいに思っていたが、約1カ月後、病名は「再生不良性貧血」と判明した。血液をつくる骨髄の働きが衰え、赤血球、白血球、血小板のすべてが減少する重症貧血だ。

治療方針を決めるため、すぐに入院。それから厳しい闘病生活へ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。