遠隔操作でプロバイダー変更 「安くならない」勧誘トラブル急増 (1/4ページ)

2014.10.25 17:08

 大手通信会社などを装った電話で「今より安くなる」と持ち掛け、パソコン(PC)の遠隔操作でインターネット接続事業者(プロバイダー)を変更させる新たな勧誘方法のトラブルが昨年から急増。「安くならない」「オプション料金も請求された」といった相談が各地の消費生活相談窓口に相次ぎ、相談の約4分の1を60代男女が占めた。国民生活センターが注意を喚起している。(寺田理恵)

 電話で承諾

 ネットに接続するには多くの場合、通信事業者との回線契約とともに、プロバイダー契約も結ぶ。トラブルが起きているのは、プロバイダー契約のみの変更。工事を伴う回線契約と違い、遠隔操作によるPCの設定変更だけで済むことが原因だ。

 静岡県の60代の女性は「プロバイダーを乗り換えれば安くなる」と電話で勧誘され、契約することにした。「乗り換え作業は遠隔操作で行う」と言われ、約束の日にかかってきた電話の相手の指示通りにホームページを開き、画面に表示された数字を伝えた。

 数日後に届いたはがきには以前より高い月額利用料が記載されていた。頼んでいない映像配信サービスも契約したことになっていたという。

事業者から電話口で一気に説明され…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。