内定式の話題に焦り… 秋の就活、内定取得へ何を意識すればいい? (1/3ページ)

2014.10.26 17:05

 【Q】これからの内定取得に向け、どのようなことを意識すればよいでしょうか

 【A】あきらめず、視野を広げることで、出会いのチャンスを増やそう

 10月も半ばを過ぎ、内定式の話題も出始める頃。就職活動を続けている学生からは、「周囲が就職活動を終えているのを見て、焦りを感じる」という声が挙がるのと同時に、「どのように活動を進めればよいのか、指針がほしい」という声が寄せられます。

 これという正解のない就職活動。多くの学生は活動中に迷ったり、悩んだりを繰り返しながら、進路を決定しています。現在、進路を模索している学生は、何を意識しながら活動をしたらよいのでしょうか。

 就職みらい研究所の調査では、進路決定した学生に「進路決定に効果的だったと考えていること」を聞いたところ、1位は「自己分析」、2位は「企業研究・業種研究」、3位は「あきらめないで取り組むこと」、4位は「幅広い業界・規模への応募」でした。

「自分を知り、相手を知る」ことが効果的

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。