芥川賞作家で前衛芸術家の赤瀬川原平さん死去 著書に「老人力」など (1/2ページ)

2014.10.27 16:00

死去した赤瀬川原平さん

死去した赤瀬川原平さん【拡大】

  • 2010年1月、インタビューに答える赤瀬川原平さん
  • 自慢のカメラを手に笑顔の赤瀬川原平さん=2010年1月
  • 町田市民文学館ことばらんどで開催中の「尾辻克彦×赤瀬川原平」展。奥は「トマソン黙示録真空の踊り場・四谷階段」=東京都町田市
  • 町田市民文学館ことばらんどで開催中の「尾辻克彦×赤瀬川原平」展で展示されている「梱包芸術」(右)と「模型千円札」=東京都町田市

 「老人力」などの著書で知られる芥川賞作家で、前衛芸術家としても活躍した赤瀬川原平(あかせがわ・げんぺい、本名・克彦=かつひこ)氏が26日、敗血症のため、東京都内の病院で亡くなった。77歳だった。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は妻、尚子(なおこ)さん。

 昭和12年、横浜市生まれ。兄は直木賞作家の赤瀬川隼氏。武蔵野美術学校(現武蔵野美術大)中退。昭和35年に前衛芸術集団「ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ」を結成。高松次郎さん、中西夏之さんと38年につくった「ハイレッド・センター」では、白衣姿で道路の敷石やマンホールのふたを徹底的に掃除するイベントを手掛けた。20代のころに制作した千円札の模造作品をめぐって通貨模造の罪に問われた「千円札裁判」では有罪判決を受けたが、芸術家らが法廷で支援の論陣を張るなど「芸術裁判」として注目された。

前衛的なイラストを雑誌などに発表するかたわら…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。