春闘、政労使の思惑に微妙なズレ 「ベア2%」空中分解の様相 (1/4ページ)

2014.11.15 07:06

大手企業の春闘妥結状況

大手企業の春闘妥結状況【拡大】

 本格的な労使交渉が始まる前から、2015年春闘の雲行きが怪しくなっている。政府が音頭を取って従業員の賃上げを迫る「官製春闘」が再現されるムードが漂うものの、安倍晋三首相の要請が経営者の背中を強く後押しした前回の春闘とは異なり、大幅な賃上げを阻む「落とし穴」が数多く待ち構えているからだ。

 解散・総選挙に打って出て基盤の強化を目指す安倍政権は、賃上げとのセットかのように「成果に見合った賃金制度」への改革を企業に迫る。政労使がそれぞれ勝利宣言をした14年春闘から一転、3者の思惑が微妙にずれ、空中分解を起こしかねない様相も呈している。

 「2年連続は厳しい」

 「『1+1=2』という単純な数式では導き出していない。物価上昇率などを総合的に判断し、一丸となって取り組める数字として弾き出した」。連合が10月17日に打ち出した「ベースアップ(ベア)2%要求案」について、古賀伸明会長は実現可能な数値との認識を強調する。

「2年連続のベアは企業にとって正直厳しい」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。