波紋広がる「卵子凍結保存」 女性のキャリア形成…高齢出産などリスクも (1/6ページ)

2014.11.16 17:14

 交流サイト(SNS)最大手のフェイスブックなど米IT企業が相次いで女性従業員の卵子凍結保存への補助を打ち出し、波紋を広げている。従業員が将来の妊娠に備えつつ、キャリア形成と仕事に集中できる環境を整えようという狙いだが、女性の社会進出と地位向上を後押しすると歓迎する声もある一方、女性の高齢出産などのリスクや精神面への負担を指摘する見方も出ている。

 最大2万ドル支給

 フェイスブックは今年から、福利厚生の一環として、女性従業員の卵子の凍結保存を医療保険の対象に含めた。高額とされる卵子の凍結と保管にかかる費用として、一人当たり最大2万ドルを上限に今年から補助金を支給している。

 従業員本人だけでなく、その配偶者も補助の対象に含まれる。また、卵子の凍結保存のほか、不妊治療も補助の対象になる。

アップルは声明で「最高の人生を送れるように支援していきたい」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。